講師として出演しました⭐︎2022.6/12.岐阜サイエンスワールド 『呼吸から知る身体』 脳科学とヨガ  中部科学技術センター 富山大学高雄啓三教授 mahinamakana丹原尚美

①岐阜サイエンスワールド

『呼吸から知る身体』

脳科学とヨガ

中部科学技術センター

富山大学高雄啓三教授

mahinamakana丹原尚美

先日,開催されました。

大人でも初めて耳にするひともいるであろう解剖学用語の解説を,こどもたちも最後まで集中して聞いている様子でした。

ヨガと講義を繰り返しながら学んでゆく

リアルな体感講座。

身体を知ることって

無限におもしろく楽しいです。

ヨガのポーズは日常に応用でき、分かりやすいものを選びました。

こんなちいさな動き、

ちいさなアクションで

体感覚が変わるなんて。

それを実際に体感し

また

感じとろうとする内意識、

感じとろうとするそのものが

深いリラックスと高い集中力を育んでくれます。

黄色いふわふわは

一体なんでしょう?

子どもたちはすぐに

ひよこだ🐥って

答えてくれました笑。

はい。

その通り。

『丹田ひよ子』さんです。

丹田ひよ子さんは

みんなのおなかのなかにいて

太陽🌞の光りのようなパワーをもっています

腹式呼吸法を

ひよ子さんを用いて行なうことにより

丹田領域に

意識を向かいやすくします。

高雄先生は

ヨガでいう丹田領域を

医学的な見解として

太陽神経叢

腹腔神経叢

仙骨神経叢…

つまりみぞおちから下腹部一体に広がる神経叢の領域全体を指すのではないか、と見解してくださいました。

神経の束になっている下腹部をしっかりと使って、呼吸法を行なうことにより、

副交感神経が刺激され

胃腸も活性化します。

また血流の促進や

呼吸を真ん中で司る

横隔膜の弛緩にもなります。

身体が活き活きと穏やかに元気に満ちてくるでしょう。

終えたあとの皆さまの

ご姿勢が 美しいほど

ぴんとひきしまり

お顔の表情が穏やかなご様子でした。

お子様方も親御さんも

終えたあとのリラックスした優しい表情と明るさが見受けられ

科学館スタッフの方や中部科学技術センターの皆様も驚いておられました。

ヨガや呼吸法は

こころと身体への

大切なワンアクションになる…

より体感しました。

呼吸を深めているとき

“おなかからあったかくなる。

なんだか すごく心地いい…”

参加された女の子の、

小さくとも確信めいたあのときの一言が

今も 耳の奥に残っています。

ご参加くださった皆様。

ありがとうございます。

主催

公益財団法人 中部科学技術センター

開催場所

岐阜先端科学技術センターサイエンスワールド 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です